1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

商品説明

ボッテガヴェネタバッグ レザー イントレ 172736 斜めがけ メンズ バッグ

ボッテガヴェネタバッグ レザー イントレ 172736 斜めがけ

30360.0000ボッテガヴェネタバッグ レザー イントレ 172736 斜めがけリーバイスビンテージクロージングを育てる理由【LEVI’S VINTAGE CLOTHING 1955モデル 501】,Bottega Veneta Review | Arco Mini Tote Bag Review | Is it Worth It? | Leather Bag Deconstruction,【神回✨】"MEGUMIと安達祐実”、美肌すぎる最強の2人がバッグ&メイクポーチを披露!|what's in my bag| ELLE Japan,BOTTEGA VENETA & SAINT LAURENT HANDBAG UNBOXING, 鞄の中身【What’s in my bag?】,9days styling 5th Apr 2022,意外と困るスポーティなバッグ選び…上質ボディバッグが大人スタイルに大活躍!| B.R. Fashion College Lesson.255 菅原靴店別注アイテム,【10月5日】ナオミちゃんの服【命日】,
ボッテガヴェネタバッグ レザー イントレ 172736 斜めがけ

モデル:-FRI-s2okzdr0

通常価格30360.0000円(税込)

商品説明

商品説明

商品名

■【中古(Aランク)】ボッテガヴェネタショルダーバッグBOTTEGAVENETAイントレチャートラムスキンレザー172736V465C1000(ブラック)斜めがけメンズ

カラー

■ブラック

サイズ

■約(実寸サイズ)

縦:27cm横:26cm(底部)幅:2cm(底部)

ショルダー:84~142cm(調節可/取外可)

素材

■ラムスキンレザー

仕様

■開閉方法:オープン

■内側:ファスナーポケット×1

■外側:-

付属品

■ボッテガ・ヴェネタ専用保存袋

商品ランク・注意事項

■【Aランク】

外側

多少のスレ/角擦れ、色あせ、金具に小キズが見受けられます。

内側

・多少の汚れ、金具に小さなサビ・キズが見受けられます。

使用感はございますが、目立つようなキズ、汚れは無く比較的状態の良いお品です。

簡易クリーニングをさせて頂いておりますが、

隙間などには、取りきれずに多少のチリやホコリ等が残ってしまう場合がございます。予めご了承ください。

used-172736-v465c-1000


当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

在庫特価ボッテガヴェネタバッグ レザー イントレ 172736 斜めがけ
・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。起きてみると、空模様は朝駆けには最適な明るい曇り。
午後からは崩れるらしいし、テストランに行って来ようと。

昨日の、「アイドリングは静か」という印象は変わらず。
出発しようとして1速に入れた瞬間、その変化に驚く。
シフトフィーリング変わり、ショックも大幅に減った!
今まで「ガチャコン!」だったのが「カコン!」に。(笑)
在庫特価ボッテガヴェネタバッグ レザー イントレ 172736 斜めがけ
 レギュラー満タン、OK!

まずは、ガソリンを入れに。 また既に「RES」なので。
約3.2Lで満タン。 距離や給油量などをメモしていると、
後から隣のレーンに入ってきた大先輩らしきCB750さんが、

「ずいぶん綺麗なカブですね! 90ですか?」

最近、エレガント!PT900・k18 ダイヤリング 8.38g M489ことの多い、緑のたぬき号。
自分が褒められている訳ではないのに、照れる。(苦笑)
21081207
 ゆるくないキャンプ?

いつもの宮ヶ瀬周回テストコースへ。
宮ヶ瀬湖畔は23℃。 水辺では自衛隊さんがキャンプ中?
もちろん何かの訓練中だろうけど、ちょっと羨ましいかも。

「カコン! カコン!」
シフトフィーリングが激変して、もう楽しくて仕方ない♪
高回転でのメカノイズは増えも減りもしていないと思うけど、
音質が低くなって、振動も角が取れた感じがする。
21081208
 今日も甘いやつで

朝のこの時間、北岸林道はまだゲートオープン前なので、
コンビニでコーヒー休憩してから、R412経由で帰途に。

手紙を出す必要があったので、途中でポストに立ち寄り。
希少というほどじゃないけど、数が減ってきた丸いポスト。
「街の化粧品店」(残念ながら廃業)も懐かしい雰囲気で。

やはりシフト操作は軽やか、法定速度域の音振も「丸い」。
ずっとご機嫌で流して、朝食の前には無事帰宅できた。
21081209
 ポストは現役だよね?(苦笑)

オイル交換で、これほど変化を体感できたのは初めてかも。
しかも今のところ、すべてが良い方向に変化している。

単に新鮮オイルだからか、新G1の効果かは確認継続だけど、
少なくとも「軟らかいオイル」への先入観は捨てなくては。
精製技術も添加剤も、きっと色々と進歩してるのだろうな。

良くも悪くも何でもマイコン制御の今どきのバイクと違い、
変化の分かりやすいキャブ世代のスーパーカブとはいえ、
エンジンオイル交換で、こんなに幸せになれるとは♪(笑)