1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

商品説明

【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat レディース ジャケット/アウター

【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat

39600.0000【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat【M65ジャケット】サイズ感と着こなしを紹介!【2ndモデル】,M65は偉いのょ,【A.PRESSE】L'ECHOPPE金子恵治が惚れ込んだ究極のベーシックウェア。【新ブランド】,どれを選ぶ?年代、同じサイズでフィールドジャケットを着てみた結果。,M 65 MODS AND POCKET LOADOUT,男の憧れ!ミリタリージャケットの名品 M-65フィールドジャケットを徹底分析!ヒューストン HOUSTON 【メンズファッション】ブルーライン(BLUELINE),
【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat

モデル:m68462608702-MERC-lo2xgn9d

通常価格39600.0000円(税込)

商品説明

【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat

手放すか着用するか迷っておるため、1/8までに入札がなければ取下げる予定です。

すでに完売していると思われます。

新品未使用ですが、製品独特のアタリが出たような生地感ですので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

定価 / 99,
色 / ダークグリーン
サイズ 2 / 着丈約113㎝ 身幅約66㎝ 肩幅約57㎝ 袖丈約62㎝
素材 / コットン100%

US ARMY M65モッズコートをベースにしたモデル。
生地は浜松のシャトル織機で織り上げた高密度のパラシュートクロス。
そのままでも充分に良い素材ですが、生地を固める特殊加工を施しています。
そうして完成した生地は独特なタッチを持ち、ヴィンテージのオリーブドラブカラーとは一線を画す、とても上品なオリーブドラブに仕上がっています。
袖のカマをわずかに下げ、蹴回しを出す事でヴィンテージの野暮ったいシルエットと現代的なAラインが共存するようなパターンになっています。
裏地には、なるべく原型のデザインを残しつつも着用感を良くするためにシャトル織機で織ったブロード生地を同色に染めて使用しています。

即日発送可能です。

よろしくお願い申し上げます。

#ALLEGE
#AURALEE
#bukht
#COMMEdesGARCONS
#COMOLI
#crepuscule
#DIGAWEL
#dulcamara
#ETHOSENS
#Graphpaper
#HenderScheme
#kaptainsunshine
#maisonkitsune
#markaware
#Mrgentleman
#Needles
#sacai
#SUNSEA
#TEATORA
#thesakaki
#UNIVERSALPRODUCTS
#UNUSED
#URU
#YAECA
#Ennoy
#Ryotakashima
#スタイリスト私物
#三好良
#1LDK
#木下誉
#cliche
#ワンエルディーケー
#在原みゆ紀

商品の情報
カテゴリーレディース/ジャケット/アウター/ロングコート
商品のサイズM
ブランドコモリ
商品の色をブラック系 / ブルー系 / グリーン系
商品の状態新品、未使用













当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

激安価格で販売【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat
・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。起きてみると、空模様は朝駆けには最適な明るい曇り。
午後からは崩れるらしいし、テストランに行って来ようと。

昨日の、「アイドリングは静か」という印象は変わらず。
出発しようとして1速に入れた瞬間、その変化に驚く。
シフトフィーリング変わり、ショックも大幅に減った!
今まで「ガチャコン!」だったのが「カコン!」に。(笑)
激安価格で販売【1/8まで】A.PRESSE M-65 Mods Coat
 レギュラー満タン、OK!

まずは、ガソリンを入れに。 また既に「RES」なので。
約3.2Lで満タン。 距離や給油量などをメモしていると、
後から隣のレーンに入ってきた大先輩らしきCB750さんが、

「ずいぶん綺麗なカブですね! 90ですか?」

最近、chan✩mie様専用 エルメス シルクインコンパクト 新品ことの多い、緑のたぬき号。
自分が褒められている訳ではないのに、照れる。(苦笑)
21081207
 ゆるくないキャンプ?

いつもの宮ヶ瀬周回テストコースへ。
宮ヶ瀬湖畔は23℃。 水辺では自衛隊さんがキャンプ中?
もちろん何かの訓練中だろうけど、ちょっと羨ましいかも。

「カコン! カコン!」
シフトフィーリングが激変して、もう楽しくて仕方ない♪
高回転でのメカノイズは増えも減りもしていないと思うけど、
音質が低くなって、振動も角が取れた感じがする。
21081208
 今日も甘いやつで

朝のこの時間、北岸林道はまだゲートオープン前なので、
コンビニでコーヒー休憩してから、R412経由で帰途に。

手紙を出す必要があったので、途中でポストに立ち寄り。
希少というほどじゃないけど、数が減ってきた丸いポスト。
「街の化粧品店」(残念ながら廃業)も懐かしい雰囲気で。

やはりシフト操作は軽やか、法定速度域の音振も「丸い」。
ずっとご機嫌で流して、朝食の前には無事帰宅できた。
21081209
 ポストは現役だよね?(苦笑)

オイル交換で、これほど変化を体感できたのは初めてかも。
しかも今のところ、すべてが良い方向に変化している。

単に新鮮オイルだからか、新G1の効果かは確認継続だけど、
少なくとも「軟らかいオイル」への先入観は捨てなくては。
精製技術も添加剤も、きっと色々と進歩してるのだろうな。

良くも悪くも何でもマイコン制御の今どきのバイクと違い、
変化の分かりやすいキャブ世代のスーパーカブとはいえ、
エンジンオイル交換で、こんなに幸せになれるとは♪(笑)