1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

商品説明

【4本組】ジムニー用(JB64 JB23 JA11系) MUD-S7 16インチ×5.5J+20 マットブラック×YOKOHAMA ジオランダー A/T G015 LT185/85R16 自動車、オートバイ タイヤ、ホイール

【4本組】ジムニー用(JB64 JB23 JA11系) MUD-S7 16インチ×5.5J+20 マットブラック×YOKOHAMA ジオランダー A/T G015 LT185/85R16

45200.0000【4本組】ジムニー用(JB64 JB23 JA11系) MUD-S7 16インチ×5.5J+20 マットブラック×YOKOHAMA ジオランダー A/T G015 LT185/85R16
【4本組】ジムニー用(JB64 JB23 JA11系) MUD-S7 16インチ×5.5J+20 マットブラック×YOKOHAMA ジオランダー A/T G015 LT185/85R16

モデル:-AUC-l10575184

通常価格45200.0000円(税込)

商品説明

商品説明カテゴリ自動車、オートバイタイヤ、ホイールタイヤ・ホイールセット16インチ5穴ラジアルタイヤメーカー・ブランドヨコハマタイヤシリーズGEOLANDARサイズタイヤ幅 185ミリ、偏平率 85%、リム径 16インチ状態未使用(詳細)★★★ 併売出品用の商品説明です ★★★

※携帯電話からですと「取引詳細内容、送料表」等がご覧いただけません。
重要な内容を記載しておりますので、
お手数おかけしますが入札前に必ず
パソコン上で取引詳細内容をご覧いただいてからご入札下さい。

●商品名 MUD-S7+YOKOHAMA GEOLANDAR A/T G015セット 1台分(4本セット) ●品番 MUDS7P20MABYH14-4 ●サイズ ホイール:16インチ 5.5J +20 5穴 PCD139.7 CB108
タイヤ :LT185/85R16 105/103L タイヤ外径 : 720mm(純正:686mm) 総幅:183mm ●商品カラー ホイール:マットブラック
タイヤ:ブラック ●商品素材 ホイール:アルミ ●適合車種 ジムニー ●型式 JA11/JA12/JA22/JB23 ●グレード 全グレード ●商品内容 ★街乗りでもオフロードでも使用可能な組み合わせとなっております★

■ホイール詳細
MUD エム・ユー・ディ~超絶の領域へ~
実戦で得たデータを製品にフィードバックするから駆動・走りが変わる!
ノーマルボディ用設計のINSET+20は、車検に対応しながらも十分な存在感を発揮します。
【VIA / JWL / JWL-T適合】

■タイヤ詳細
YOKOHAMA GEOLANDAR A/T G015(ジオランダ―・エイティジーゼロイチゴ)
オフロード性能もオンロード性能も。SUV向けオールテレーンタイヤ
1.さらなる高耐久&長寿命。
2.アグレッシブな新パターン。
3.運動性能と快適性能の両立。
【ジムニー荷重対応】

■チェックポイント
660ccサイズの車輌へ装着される際は基本的にボディ内に収まる仕様!
タイヤの外径が大きい為、ノーマル車高での装着の場合、タイヤがインナーに干渉する可能性があります。
●備考 ※ホイール・タイヤセット1台分(4本セット)になります。
※5本ご利用の場合はご注文時に「1本追加」とご連絡下さい。
※ナットは付属しません。









当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

取寄せ【4本組】ジムニー用(JB64 JB23 JA11系) MUD-S7 16インチ×5.5J+20 マットブラック×YOKOHAMA ジオランダー A/T G015 LT185/85R16
・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。起きてみると、空模様は朝駆けには最適な明るい曇り。
午後からは崩れるらしいし、テストランに行って来ようと。

昨日の、「アイドリングは静か」という印象は変わらず。
出発しようとして1速に入れた瞬間、その変化に驚く。
シフトフィーリング変わり、ショックも大幅に減った!
今まで「ガチャコン!」だったのが「カコン!」に。(笑)
取寄せ【4本組】ジムニー用(JB64 JB23 JA11系) MUD-S7 16インチ×5.5J+20 マットブラック×YOKOHAMA ジオランダー A/T G015 LT185/85R16
 レギュラー満タン、OK!

まずは、ガソリンを入れに。 また既に「RES」なので。
約3.2Lで満タン。 距離や給油量などをメモしていると、
後から隣のレーンに入ってきた大先輩らしきCB750さんが、

「ずいぶん綺麗なカブですね! 90ですか?」

最近、フランシュリッペ色々セットことの多い、緑のたぬき号。
自分が褒められている訳ではないのに、照れる。(苦笑)
21081207
 ゆるくないキャンプ?

いつもの宮ヶ瀬周回テストコースへ。
宮ヶ瀬湖畔は23℃。 水辺では自衛隊さんがキャンプ中?
もちろん何かの訓練中だろうけど、ちょっと羨ましいかも。

「カコン! カコン!」
シフトフィーリングが激変して、もう楽しくて仕方ない♪
高回転でのメカノイズは増えも減りもしていないと思うけど、
音質が低くなって、振動も角が取れた感じがする。
21081208
 今日も甘いやつで

朝のこの時間、北岸林道はまだゲートオープン前なので、
コンビニでコーヒー休憩してから、R412経由で帰途に。

手紙を出す必要があったので、途中でポストに立ち寄り。
希少というほどじゃないけど、数が減ってきた丸いポスト。
「街の化粧品店」(残念ながら廃業)も懐かしい雰囲気で。

やはりシフト操作は軽やか、法定速度域の音振も「丸い」。
ずっとご機嫌で流して、朝食の前には無事帰宅できた。
21081209
 ポストは現役だよね?(苦笑)

オイル交換で、これほど変化を体感できたのは初めてかも。
しかも今のところ、すべてが良い方向に変化している。

単に新鮮オイルだからか、新G1の効果かは確認継続だけど、
少なくとも「軟らかいオイル」への先入観は捨てなくては。
精製技術も添加剤も、きっと色々と進歩してるのだろうな。

良くも悪くも何でもマイコン制御の今どきのバイクと違い、
変化の分かりやすいキャブ世代のスーパーカブとはいえ、
エンジンオイル交換で、こんなに幸せになれるとは♪(笑)